難民

レーシック手術が受けられない人とは

レーシックは手術ですので、事前に徹底した検査が行われます。その検査の結果によっては希ですが、レーシックを受けられないこともありえます。
実際にどういう人が受けられないかというと、最初に挙げられるのが、角膜が薄い人です。レーシックは角膜の厚みを調整する必要があります。
ですから一定の厚みが必要になってくるわけです。角膜が過度に薄い人はレーシックを受けられません。

他にも、目の病気を患っている人です。当然ですが、目に異常が起きている状態で合併症も発生しやすいので、病気が完治してからの施術になります。
他にも、視力が安定していない人です。どう言う意味かというと、今現在視力が下がり続けている人に関しては、レーシックできません。
なぜなら、レーシックを受けても引き続き視力が下がってしまい、レーシックの意味が全くないからです。

レーシックを視力回復と考えている方が非常に多くいますが、視力矯正法であり、回復はしません。
ですから、もし低下している途中でレーシックを行っても全く意味がないのです。
事前検査でこのような状態にあることがわかったのであれば、まずそれを解決することが先決です。
そのあと初めてレーシックを受けることができます。

このページの先頭へ