難民

レーシック後に必要なケアとは

レーシックを受ける前に、事前の説明がなされます。おそらくその時は不安が大きいので、医師が説明してくれていることが耳に入ってこないかもしれませんが、しっかりと思いに止めておく必要があります。
とりわけ強調されるのが、レーシック後のケアに関しての説明です。
実際に必要なケアとしては、手術後は目をしっかりと休ませます。また次の日も同じです。目を酷使しないように注意しないといけません。

しっかりと目を休ませないと、レーシック手術後すぐはまだ安定していないので、下手すると視力が戻ってしまうことがあるのです。
ですから、ここは注意を払う必要があります。
そしてケアとしてできることの一つに目薬があります。手術後に目薬を処方されるのでそれを決まった時間に点眼しなければなりません。

とにかく、目が乾き直ぐに疲れを感じるので目薬は必須です。しかも今までよりもよく見える分、目がすごく疲れます。
きちんと目薬を点すことによって目を休ませて栄養を補給することができます。フラップが安定しないうちは特に注意しなければいけません。
また、調子が良くても悪くても三ヶ月後には報告と検診を兼ねて、もう一度眼科を訪れるべきです。
そうすることで術後の様子を診てもらうことができます。

このページの先頭へ