難民

レーシック手術の手術時間

レーシックの魅力の一つがその手術時間の短さにあります。
一般的に何か病気にかかって手術するときは、何日も入院が必要になり、結構な負担を負うことになります。
仕事も何日か休む必要が出てきますし、結構大変です。

しかし、レーシックの場合、なんと手術時間そのものは数十分で終わります。ですから、週休二日の人の場合は、何か特別に休みをとる必要が全くありません。
その休みを利用してレーシックができてしまいます。手術後に目を休めるために、数十分目をつむり、座って落ち着くのを待ちます。
これはフラップが安定するための時間です。それが終われば、なんとその日のうちに帰宅できます。

目がすごく疲れる感じがするので、その日は直ぐに眠ります。次の日、起きれば目が劇的に見えるようになっているのです。
次の日からは普通に活動できますが、目が疲れやすいのでやはり仕事は休むのが賢い選択です。
それからは普通に活動することができます。唯一時間がかかるのが、事前検査です。この検査により、自分がレーシックを受けられるかどうかをチェックします。
細かく目の検査、病気を調べるのでこれが1時間以上かかります。しかし、別の日にする手術は実質、数十分です。
レーシックとコンタクトレンズの比較についての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ